インターネットもしていない母親がiPhoneデビューするためにやったこと

家でパソコンを使わず、ネットも見ない母親がスマホデビューしたいと言ったときに、機種変を成功させるためにやったことをまとめてみました。
シニアにも優しいiPhone。使い始めて1週間。いまでは普通にメールしています。

今までガラケーで使っていた機能はすぐに使えるようになり、周りの人にもちょっとほめられたりといいことが多かったので、参考になればと思いまとめてみます。

<母スペック>

  • 50代後半
  • こども3人(iPhone二人、android一人)
  • 孫5歳双子家でPCを使わない。
  • ネットも見ない。
  • 数年前にガラケーメールデビューなぜかデコメ達人。

本当に普通の50代母親スペックです。
特にITや機械に強いことはなく、むしろ弱いほうだと思います。

<乗換作戦のポイント>

  1. 一回しかやらないであろう設定はこちらでやる
    →そこまで求める必要は無く、そこを求めると失敗するので、やってあげる。
  2. ポイントだけ分かりやすく
    →「あれもこれもできるよ」は理解できないので、ポイントしか言わない。
  3. ガラケーで使っていた事だけフォローする。
    →高機能なiPhoneではなく、実はスマホは親切UIです。新しいことは後から自然とチャレンジするようになるでしょう。
  4. 分からなくなったらホームボタンを徹底。
    →ココを押せばとりあえず大丈夫という安心感。呪文のように「わからなかったらホームボタン」と口にすればだいたいOK。
  5. ちょっと嬉しい事を体験させて褒める。
    →孫の写真を見れるようにしたりして楽しい体験をさせてあげて、とにかく褒めてみる。というかまわりからすごいねと言われるようで、それだけでも大満足です。

<機種変更の下準備>

まずはMNPして機種変更でiPhoneへ
最初は不安もあるので、ついて行ってあげましょう。
コーチ代として自分のiPhone4を母親に渡し、iPhone4Sの機種を僕が使う権利をもらうのもいいです。(僕はこれで4Sになりました)
キャッシュバックをもらうのもいいでしょう。(僕は色々事情があり、貰ってませんが、、、)

<各種設定(ココはほとんど代行)>

IDとPWはだいたい持っていない

IDとPWって案外親世代だと決めていない人も多いです。
うちの親は決めていなかったので、決めてあげましょう。最近のiTunesは大文字英字/小文字英字/数字混じりでないといけないように強度が上がっていますので、注意も必要です。
ちなみに分かりづらいのはだめですよ。この世代は全て紙にメモってしまいますので。

iTunesアカウントも無いから作る

うちの母親はPCを持っていないので、iTunesアカウントは僕のものを使いました。ホームシェアリングで買ったアプリを上げることも可能です。ただ、有料アプリをいっぱい入れそうなタイプは独自で作ったほうがいいですね。

MMSなどの設定は全部代行

また最初のMMSの設定や@i.softbankのアドレス設定などは二度とすることはないので、設定はコチラでやってしまいます。(ここまで親に求めてはいけません。100%といわずかなりの確率で挫折するはずです)
アドレスの移行について移行も一度だけのものなので、これもやってあげましょう。

 

メールアドレス変更はやってあげないとみんなに迷惑がかかります。

最初は練習のためとスパルタで自分でやってもらおうとしましたが、これはダメでした。
もらった相手も戸惑いますし、なによりコピペも多用するので、ここもやってあげましょう。
またアドレスの重複も多かったので、整理しました。

<使ってみる!>

不安を取り除くには魔法のホームボタン

「分からなくなったら、ホームボタンを押せばOK」
これだけ最初に伝えると効果抜群です。これがiPhoneの一番すごい所だと思います。ホームボタンを押せばいいんだっていう安心感。絶大です。

キーボードは日本語のみでOK

キーボードは日本語/英語/絵文字の3つのみにしてワープロ入力は消しました。
最初の入力は携帯の連打入力のままをおすすめします。フリック入力があることは認識してもらいながらも、むりしてフリックにすることはないです。ローマ字入力は要りませんでしたが、絵文字は絶対にほしいようです。

メールはMMSにまとめましょう

iPhoneのアドレスは二つ有り、ここはなかなか難しいです。
結局はうまく説明出来ませんでした。
MMSの@softbank.ne.jp
Eメールの@i.softbank.jp
うちの親はメルアドを持っていなかったので、メールアプリは使わずメッセージアプリを使うようにしました。こっちのほうがスレッドが分かりやすいです。

アプリをインストールする
携帯サイトでよく使っていたサービスを補完するアプリをインストールしましょう。
結局LINEとPathはおすすめです。

乗換系・・・普通に乗り換え案内あたり
天気系・・・WeatherNewsあたり
ゲーム・・・孫と時間を潰せるゲーム(わにわにパニックやスヌーピーあたりがよさそうでした。
調べもの医学系・・・家庭の医学や応急処置、辞書アプリは喜びます
ヤマト運輸・・・荷物は良く調べます
LINE・・・CMの効果もあり、スタンプが充実しているので、案外入れているようです。
Path・・・家族連絡用に使ってみて案外好評です
(Flickr/Flipboard・・・写真の共有の為テスト予定です)
等々ガラケーなどで使っている内容によって入れていきます。

最後に

やっぱりAppleのUIはスバラシイですね。操作に迷っても自分でなんとなく解決できてしまうし、デジタルガジェットに強くなくても案外スムーズにはいれます。

そして新しいことを始めるうきうき感。おすすめですよ。

広告

インターネットもしていない母親がiPhoneデビューするためにやったこと」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中