絶対に今日出荷しないといけない荷物がある!集荷時間が終っても出荷するいくつかの方法。

社会人としての基本スキルの中に”運送便を送る”というスキルがあるとすれば、この点については幾多の試練を乗り越えている自信がある@kenji904です。その昔は仕事の印刷スケジュールに合わせて毎週羽田空港に持込をした時代もありました。

Aperture

どんなタイトな納期でも、途中でなにかハプニングが起こったとしても、約束した納期は必ず守る!という気持ちでがんばってますが、どうしても集荷の時間に間に合わない時ってありますよね。

そんな時に少しでも時間が稼げたり、ちょっと足を伸ばしたり、お金を少し足せば出荷できる場合もあるので、知っておいて損はないかなと思ってまとめてみました。

あくまで参考ですので、それぞれのエリアによってできるできない。場所が違うなどいろいろあります。また基本的に少し無理をすることになるので、あまり多用せずに済む方法を考えたほうが精神衛生上おすすめします。

<およそ19時まで>集荷が過ぎたら最寄りのヤマト営業所へ持ち込み

集荷が6時までだとしたら、そのドライバーが戻る営業所までも持ち込めば19時もしくは19:30時くらいまではうけてくれる可能性があります。 ただ最近ではヤマトでも19時で受付終了してしまいます。このあたりは日頃からドライバーさんと仲良くしていろいろ情報を聞いておくのがおすすめです。また持ち込むと運賃が安くなる時もあります。

サービスセンター一覧 | ヤマト運輸

<およそ20時~21時まで>ヤマト運輸の物流センターへ持ち込み

ヤマト運輸は、ドライバーが集荷したら、近くの営業店にあつめ、そこから大きい物流センターへ集まります。物流センターは下記のリンクから調べられますが、広い敷地が必要なため、山の中などにあります。 この物流センターであれば、通常便としてヤマトの送り状で同じ金額で出すことができます。

物流システム営業所一覧 | ヤマト運輸

<およそ21時>最寄りの佐川急便の物流センターへ持ち込み

佐川急便は一つのセンターが受け持つエリアが広いので、ヤマトのように近くのサテライトは無いけれどセンターがHUBになっているので、ヤマトよりもう少し遅く21時くらいまでうけてくれる場合があります。 また佐川も物流センターからエリアごとにさらにセンターが分かれている場合もあるので、そこであればもう少し遅くても間に合う場合がありますが、逆にエリアが違うために早く締めきってしまうこともあるので、注意が必要です。

ヤマト以上に佐川急便さんは担当ドライバーさんの動きによって神対応もあるので、ここでもドライバーさんと仲良くするのは大切です。

送り状は佐川の通常のものと同じで、金額も同金額で送ることができます。

支社・営業店一覧|会社案内|佐川急便株式会社

<深夜でもOK>ヤマトグローバルエクスプレスは少し高くなるけど深夜や早朝受付

いよいよヤマトの物流センターでも佐川でもダメな場合や、遠方などに翌日つけたい時などはヤマト運輸の子会社で航空便や特急便を扱う、ヤマトグローバルエクスプレスを使いましょう。 金額は航空便なので、割高になり送り状も専用の送り状になります。 送り先などによって集荷時間は違いますが、比較的遅くまで対応してくれます。

航空便・時間便|ヤマトグローバルエキスプレス株式会社

<羽田なら24時間>相手が空港に取りに来てくれるのであれば空港便は安くて最速

実はあまり知られていないのですが、飛行機の貨物として荷物を載せてもらうことができます。 羽田空港は24時間空港なので、夜中出しても早朝出発の飛行機などで現地の空港に下ろしてもらえます。時間は飛行機のタイムスケジュールに沿っていて、離陸前1時間くらいまで集荷をうけてもらえ、到着空港では30分から1時間くらいで荷物を受け取れます。

羽田空港では貨物地区に事務所がありますので、そこへ持っていくだけです。また配送料も案外安いです。

そして、航空貨物は遺体も貨物扱いで配送しているので、一度遺体の荷受をしに来た人と遭遇したこともあります。

ANA CARGO

羽田空港CFS < 施設紹介 < ハイスピードロジスティクス : 日本通運

<いつでもOK>お金が掛かるけど赤帽チャーター

いろいろな可能性がすべてダメかつどうしても送らないといけない場合は最終的には赤帽さんなどをチャーターすることになります。 赤帽さんは独立開業している人なので、他に仕事がなければいろいろ融通も聞いてもらえますが、車でいくので時間がかかり、費用もかさみます。 何か会ったときのためにも、相談できる赤帽さんを探しておくのはおすすめします。

赤帽ホームページ

<最後の手段>自分で運ぶ

とはいえ、最終的には自分で運ぶという手段が残っています。 本当に奥の手ですが、これこそ最終ウェポンです。 クレームなどで急ぎ対応をするときには、一番大切です。一度信頼を失ってしまうと二度ともどってこないことを肝に命じながら、移動することをおすすめします。

これも今のところ個人的に使ったことのあるサービスなので、他にもっと安くていい方法あればぜひ教えてください。

広告

絶対に今日出荷しないといけない荷物がある!集荷時間が終っても出荷するいくつかの方法。」への4件のフィードバック

  1. 通りすがり

    航空便で送った上に向こうのバイク便にピックアップしてもらうなんてやってたことが。受ける側の柔軟性がいるけど。

    返信
  2. とおりすがり

    助かりました。ヤマトグローバルエクスプレスにお願い出来ました。ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中