SIGMA 35mmf1.4はCANON7Dにぴったりな常用レンズ

SIGMAが自社レンズ群を見なおして、高性能なレンズをだしていくと発表されてその第一弾としてArtラインのシグマ 35mm F1.4 DG HSM キヤノン用が発売されました。

NIKONからCANONに乗り換えて、今まで使っていたレンズが使えなくなり、とりあえず24-105F4.OLを使っていました。とくに不満はなく便利なレンズですが、そのかわり、写真を撮るのがちょっとつまらなくなってきたところでもありました。そんな時にカメラ屋にフラっと寄ったら、ちょうど入荷されていたので、気づいたら袋に入っていました。

前評判もよかったので、安心していましたが、さすがSIGMAの最新レンズというだけあって、7Dの常用レンズで使おうかなと思います。

SIGMA GLOBAL VISIONの新しいレンズ群

今回のレンズは、SIGMAのレンズをこれから3つのラインに整理していく第一弾の高性能レンズです。今回の35mmレンズはこの中のArtラインに属するレンズで、今年でる予定のフォーカスアジャストメントにも対応しているので、ちょっとのピント調整などはUSBマウントをつなげて調整できてしまうらしいです。

今回のレンズもシグマ 35mm F1.4 DG HSM キヤノン用でDGレンズなので、将来的にフルサイズの一眼を買ってももちろん使えます。今はこどもの運動会などでズーム域がほしいので、APSーCを使っていますが、大きくなったらフルサイズにしたいな。

3つのカテゴリーと大雑把な説明はこんな感じです。

  • C_Contemporaryライン・・・オールマイティーなズームレンズ
  • A_Artライン・・・単焦点やFISH-EYEなどのレンズ
  • S_Sportsライン・・・高倍率ズームなどのレンズ

くわしくはSIGMA GLOBALVISIONのページがかっこよくて分かりやすいです。

コンセプト | SIGMA GLOBAL VISION

会津工場のイメージ動画がすばらしい

もう一つこのレンズが欲しいなと思った理由は、シグマの会津工場のこの動画を観てしまったからと言ってしまってもいいです。

いろいろな工場の動画を見ますが、この動画のクオリティーはすごく高くて、これを見ただけでこだわりを感じて欲しくなってしまいました。

 

 

「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」の主な仕様

APS-Cで50mm換算な標準レンズで、開放F1.4の明るさなので、室内など暗いところでもシャッタースピードが稼げる上に、浅いピントでポートレートもいけますね。

焦点距離 35mm
F値 F1.4~F16
レンズ構成 11群13枚
最短撮影距離 30cm
最大撮影倍率 1:5.2
絞り羽枚数 9枚(円形絞り)
フィルター径 67mm
大きさ(最大径×全長) 77mm×94.0mm
重量 665g

開けてみた。つけてみた。

箱は至ってシンプルで中にはSIGMAのいつものレンズポーチが入っています。

SIGMA35mmf1 4

個人的にこの丸の中にAが入ったマークはいらないのですが、シンプルなデザインでも安っぽさはなく、画像より現物の方がしっくりいい感じです。

SIGMA35mmf1 4  1

7Dにつけてみました。いろいろなレンズレポートには5Dなどのフルサイズが多いのですが、7Dに装着してもバランスはいいバランスで持ちやすいです。

SIGMA35mmf1 4 1

上からみると意外に長さも大きさもありますが、きれいな写真が取れるなら個人的には気になりません。

SIGMA35mmf1 4 2

レンズフードを付けていても持ちやすいです。

SIGMA35mmf1 4 3

開放f1.4とf2.8とf5.6と

開放f1.4です。グッと浅くなるので、ピントにはシビアになりますが、かなりくっきりと会う印象なので、ひらいても個人的には問題ありません。

SIGMA35mmf1 4 1 4a

普段ならF2.8mmに絞っても余裕があっていい感じかもしれません

SIGMA35mmf1 4 1 4b

f5.6と比べるとf1.4の強烈さもわかります。

SIGMA35mmf1 4 1 4c

とってみた

年末の掃除後のくらい工場で回り続けているマングルをとってみました。かなり暗い中でも手持ちでOKです。

SIGMA35mmf1 4  2

強い日差しが逆光気味で当たっていても、後ろのボケもキレイです。

SIGMA35mmf1 4  4

水平と垂直も問題ないレベルだと思います。

SIGMA35mmf1 4  5

少し落ち着いた色に補正しましたが、冬の空っぽい空気感もでてます。

SIGMA35mmf1 4  6

撮影最短距離が30センチなので、ごはん写真にもいいですね。赤いいくらもキレイにでています。

SIGMA35mmf1 4  7

写真がたのしくなる常用レンズに最適

ズームレンズは便利ですが、個人的には少し不便なくらいのほうが楽しくなる気がしていて、安易にズームでトリミングするよりも自分が動いて被写体にあわせて構図を作るほうが自分にはあっている気がします。

個人的にはこどもの写真を撮ることがおおいので、50mm換算なレンズが今のところ自分の距離感にあっていて、いままで使っていた30mmでもすこし寄りたかったので、35mmは今のところ自分の一番好きな焦点距離です。

しばらくはこのレンズばかりな登場しそうな予感です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中