小学1年生に負けたし、面白そうなのでけん玉を買ってみた。

子供が学校でけん玉達人のおじいちゃんに教えてもらってきて、家にあったけん玉で遊び始めました。それを見ていて気になっていた所、エクストリームけん玉がブームになっていて、逆輸入されているというyoutubeをみてさらに気になりました。

そして授業参観のときに、子供の同級生の1年生にけん玉で圧倒的な差をみせつけられてムキになりいよいよ買ってしまいました。
気づけば子供2つ分。前から持ってるのと新しいのと4つも揃ってしまいました。

どのけん玉を買うか?国内2ブランド海外2ブランド紹介

けん玉はとりあえずこの日本の2ブランドをおさえておく感じでいいと思います。
とは言え、基本は日本けん玉協会認定の山形工房の「大空」シリーズか、博進社の「新富士」シリーズを買えばだいたい1000円ちょいで帰るのでお財布には優しい遊びです。

ただ、今回は折角なので比較しようと思って、自分のだけつや消しのラバーコーティングのkendamaUSAを買っています。

世界のベストセラー 山形工房「大空」シリーズ

山形工房 競技用けん玉「大空」 各種木工芸品

サイト内にはけん玉の購入ページもあります。ソリッドカラーがいい感じの色使いです。
山形工房 競技用けん玉「大空」 販売サイト

amazonもいろいろな販売サイトの商品が出てきますが、ホワイトモデルが最新の塗装ということでこれは気になります。

日本けん玉協会認定 競技用けん玉大空 プリミアムホワイト けん玉  1個
(株)やまがた物産振興機構
売り上げランキング: 3,772

日本の双璧 博進社「新富士」シリーズ

今回子供二人のは新富士シリーズを買いました。理由はきれいなピンクがいいと入っていて大空は品切れだった。ただそれだけです。

ラバー塗装で滑りづらいKendamaUSA

黄緑のラバー塗装のKendamaUSAのモデルを買いました。
滑りにくいので灯台などのバランス系を練習するのにいい感じです。まっとなので傷も目立ちにくいです。皿と剣の交わる部分が貫通していて、日本製のものより糸がまっすぐになってくれます。昔のものだと皿が抜けやすくなったりするので、この仕様は嬉しいです。

デンマークから来たすごいやつ「KROM」

KROMは値段も4000円を超えるモデルや7000円近いものもあり、品切れもおおいですが、ラバーペイントのヒョウ柄や特別なクラック塗装がやたらかっこいいので、見かけたら買ってしまいそうな佇まいです。でもある程度うまくないと恥ずかしいですね。

とりあえず抑えておくサイト

日本けん玉協会

日本けん玉協会 のサイトはけん玉検定の項目などの説明がのっているので、まずはココを見ながら練習するのが良さそうです。けん玉の放送予定やけん玉イベントの告知ものっています。
けん玉の技 | 一般社団法人日本けん玉協会

GLOKEN_Global Kendamas Network

スクストリームけん玉やフリースタイルけん玉などでメディアに出ているのがGLOLENで「けん玉で世界をつなぐ」をもっとーにかつどうしている団体で、動画集やプレイヤー紹介や世界のけん玉プレイヤーのインタビューなどものっています。

海外モデルなどはここのサイトで買うのが在庫的にもいいかもしれません。

GLOKENについて – GLOKEN(グローバルけん玉ネットワーク)

けん玉は子供とも一緒にたのしめて楽しいですね。

けん玉はこどもでも集中すると色々技ができて、おとなよりも吸収が早いので、一緒にあそぶにもちょうどいいですね。
荷物の中にいれておいてもじゃまにならないし、健全な遊びなので後ろめたくもないです。
なのでまだまだ先は長いですが、練習をしていこうと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中