カテゴリー別アーカイブ: Make & ものづくり

RISO STUDIO日本橋で自分でシルク印刷をしよう。Etsy ✕ RISO デジタルスクリーンワークショップが楽しかった

自分でシルク印刷でものづくりができる場所RISO Studio

EtsyとRISOさんがやっているプリントワークショップに行ってきました。
前から気になっていたけどやっとタイミングあいました。

RISOさんのGoccoPRO100はいろんな展示会でみたりしていたけど展示会で見るのと自分が体験するのでは全く感動が違いますね。
卓上で小さいといっても軽い車が買えるくらい。
個人では到底シルク印刷なんてできません。
でも実はこの RISO Studioは個人でも簡単にシルクスクリーン印刷をする設備を借りたいもできる素敵な場所でした。

Etsy × RISO デジタルスクリーンプリント ワークショップ

データを作ろう

まずは何よりデータ作りです。今回は小さいトートバックなので70mm✕99mmのはがきサイズで作ります。
イラレで簡単にトンボをつけます。

シルク印刷は細い線はでないこともあるかと思ってフェルトペンで子どもが絵を書きましたが、GoccoPRo100は思っていたより細い線も綺麗にでそうだったので、普通のボールペンでも行けそうな感じでした。ただ印刷するものの目の粗さによっては潰れてしまうこともあるかもしれません。
DSC02906
それをScanSnapします。600dpiのエクセレントでなくても通常なら200dpiもあれば十分です。シルク印刷なのでグレースケールで読み込みます。
DSC02907

RISO Studio日本橋でワークショップ開始

RisoStudioさんは毎月1回くらいのペースでワークショップを開催していたり、店頭で製版のサービスや印刷の依頼も頼めるシルクスクリーンの店頭サービスショップです。こんなにサービスが充実してるなんて知りませんでした。

RISO STUDIO日本橋店

店内にはシルクスクリーン印刷のサンプルから、いろんなインクが並んでいます。
DSC02842

DSC02843

DSC02844

データから製版の前の準備を

データを持ち込むとまずはそれをチェックしてくれます。
ちょっと画像の周りにムラがあったりしたのでコントラストを上げてくれて完成させてくれました。
データ形式はjpegでもepsでもいいみたいです。

DSC02885

DSC02841

GoccoPro100で製版フィルムを出力

もう普通のプリンター感覚ですぐ製版ができます。
A4サイズなら100秒ちょい。
今までみたいに乳剤を塗布して固着させて製版して洗い流すなんて必要ありません。
これすごい便利です。(ちなみに120万くらいらしいです。。。)
DSC02884

DSC02851

ちなみにメッシュは目の粗い生地用の70メッシュ/Tシャツ用など幅広く使える120メッシュ/溶剤系のインクを使うときなどは200メッシュと三種類あって、今回は定番の120メッシュを使いました。詳細はこちら。
RISO製版サービス
DSC02850

DSC02852

フィルムを貼って枠をはって製版をします

フィルムが出てきたらそれを製版します。一番大きい版は手ぬぐいなどをプリントするみたいです。

DSC02886

出てきたフィルムを型枠にはります。両面テープで仮留めなのであまり神経質でなくてもOKです。
DSC02854

枠のなかにはめます。周りを大きいクリップで止めればパンパンにはれて完成します。
DSC02861

すごい簡単。
DSC02862

さぁシルクスクリーン印刷をしよう

シルクスクリーン印刷に使うインクはベースのバインダーにより三種類に分けられます。日本ではTシャツなどでは普通は水性インクが使われます。生地に染み込むので風合いもいいです。

DSC02887

  • 水性インク・・・Tシャツなどに染みこんで風合いがいいインク
  • ラバーインク・・・インクの粘度が高く厚手のものなどにしっかりのるインク
  • 溶剤インク・・・アメリカでは主流の染み込まずに上にのるタイプのインク

今回青に白で印刷したほうは濃色なので白をきっちり出すためには水性でなくラバーインクを使い、白地に印刷した方は水性インクを使いました。

DSC02845

とりあえず試し刷りができるので初めてでも安心です。

DSC02863

DSC02864

DSC02866

DSC02867

DSC02871

お店の人がすごく優しく教えてくれるので不安は一切ありませんでした。
DSC02869
さぁ本番です。
青いバックのほうは白インクで雪を表現するようなので、ラバーインクで表面に白をくっきりのせます。
DSC02872

この段階で位置合わせをしっかりとします。前後と縦横を見ます。

DSC02873

心配だったので確認をしながら二度刷りをしました。バッチリです。

DSC02874

ドライヤーで仮乾燥しました。おおっばっちりそう。

DSC02875

最後に乾燥して完成です

最後に熱をかけることで洗濯堅ろう度が強くなるので、この工程が重要です。

DSC02868

この乾燥プレス機は超熱いので慎重に

DSC02882

完成!!春の暖かい日なのになぜか雪のバック。まぁいいでしょう。

DSC02877

もう一人は生成りのバックに水性の蛍光インクで花がらに。

DSC02880

他の人の作品も気になります。生成りに金色の溶剤インクも面白そうです。

ここで作ってそのままEtsyで販売するそうです。もう製品感がバッチリですね。

DSC02888

制約があるからこそシルク印刷ってデジタルと違う面白さがあります。

今回デザインをする時に、子どもたちは「なんで1色しか使えないのか?」「4色くらいつかいたい」とデジタル・ネイティブなことを行っていたんですが、よく考えれば何でもデジタルでフルカラーが当たり前の中で1色でデザインを表現することにあんまり慣れていないんだろうなと思いました。

でも実際にものをみて、印刷工程が分かって、自分の手で印刷をする楽しさはやっぱりいいなと思います。

顔料インクのインクジェットでは出せないインクの厚みとか表現力もやっぱりシルク印刷特有の表現だと思いました。

仕事でものぼり旗をシルク印刷とデジタルインクジェット染色をしていますが、それぞれの特徴を活かしていくのがいいなと思いました。

ものづくり好きな人むけにスペース貸しもあるみたいですよ

ワークショップに参加して使い方が分かった人には製版代3000円(1版)+500円(1時間)でスペースを借りて作業することもできるらしいです。他には印刷するTシャツやインクは持ち込みでもいいし、お店で買ったりしてもいいみたいです。

イベントの時などにはあえて頼むのではなく自分達でつくるのも面白いかなと思いました。こちらは完全予約制のようなので、まずはワークショップに参加するのがいいんじゃないかなと思いました。

やっぱり印刷って面白いです。

ワークスペース貸しの詳細

広告

小学1年生に負けたし、面白そうなのでけん玉を買ってみた。

子供が学校でけん玉達人のおじいちゃんに教えてもらってきて、家にあったけん玉で遊び始めました。それを見ていて気になっていた所、エクストリームけん玉がブームになっていて、逆輸入されているというyoutubeをみてさらに気になりました。

そして授業参観のときに、子供の同級生の1年生にけん玉で圧倒的な差をみせつけられてムキになりいよいよ買ってしまいました。
気づけば子供2つ分。前から持ってるのと新しいのと4つも揃ってしまいました。

続きを読む

レーザーカッターのデータの作り方やTipsをLoft&Fabで教えてもらってきた!

Loft渋谷西武の7階のデジタルファブリケーション工房&Fabでレーザーカッターデーターの作り方のワークショップがあったので、参加してきました。
いつもは印刷しかしないので、細い線の強弱で表現するレーザーカッターに馴染みがないので、どんな作り方なんだろうと思っていたので、すごく参考になりました。 続きを読む

日本ファブラボ会議2013に印刷会社が参加しておもったこと #FJN2013

NewImage

 

FabLabを知ったのは、布の印刷でブログを書こうと思っていて、ファブリックラボという名称を考えて他に使われていないかを調べた時でした。FabLabっていうのがすでにあって、しかも世界規模ですごく面白いことをしている事を知ったのが2年半くらい前だったと思います。 

そしてFAB9の締めくくりとして日本ファブラボ会議2013がありました。

 

第一部FabLabのいま

・国内外のFabLab活動紹介(出演者プレゼンテーション)
・FAB9振り返り
・国内連携についてのトークセッション

あしたのFabのカタチ

私が描くFabの未来像(出演者プレゼンテーション)
・ソーシャルファブリケーションを語ろう(来場者参加によるテーブルディスカッション

僕にとってのFabLab

FabLabと名乗りをあげるにはFabLabの条件が決められています。これは世界で最低限同じ機器を揃える基準を持たせることで世界中のFabLabがOPENにされているデータがどこでも出せるからなんです。

世界中のFabLabはフランチャイズや契約などお金ではない、パーソナル・ファブリケーションのマインドでつながるゆるいけど強いネットワークでつながっています。

僕の仕事は印刷業なので2Dど真ん中なのでFabLabは名乗ることはできませんが、FabLabのOPENでグローバルなものづくりネットワークという意味ではこれから5年先10年先に成熟していく考え方だと思っていて、すごくこれからの仕事の考え方の方向性で大切にしていきたいところです。

FabLabはお金になるのか?何をしてくれるのか?

テーブルディスカッションやいろいろな質問などでやっぱり出てくるのは「楽しそうだけどお金になるの?」とか「FabLabに参加すると何かおいしいことがあるんじゃないの?」てきな考え方です。

そんなに参加してすぐお金になったり、いいことが起こるなんてことがあればいいですが、きっとそんなおいしい話はありません。

でもみんなFabLabというパーソナルファブリケーションには何かのヒントが有ると思っているんです。

そこの「なにか起こりそうな感覚」に企業として個人としてどれくらいコミットしていくかが重要なんだと思います。

Googleの20%ルールじゃありませんが、先日IAMASの小林さんのプロジェクトの時の資料にあったこれからの企業として大切な「周辺的/周縁的な製品」を開発したりチャレンジしていく事をもう一度考えていかないと行けなくなっているんだろうなとおもっています。そして会社としてその周辺にどれくらいの力を注いでいくかはそれぞれの会社でムリのない範囲で挑戦していけばいいのかなと思います。NewImage

直ぐに結果なんてでないし、自分の肌感覚では1年半くらいは我慢して続けないといけないなと感じているので、製造業や印刷業もこの部分をやっていかないとゆでガエルのように確実に企業は衰退してしまうと思います。

そうならない為にも企業にはFabLab的なコミュニティーと考え方を持っていくのは、5年以上先の仕事の種を探すことだと思います。

100億の仕事か1億の仕事か1000万仕事か?

たとえば100億以上の大きい売上を作ることと1億の仕事を作ることと1000万の仕事を作ることでは必要なスキルも偏ってきます。多様化していく今の世の中では。1億の仕事をすすめるというよりは1000万の仕事を10ケ集めるほうが簡単かもしれません。

そうなれば中小企業にしかできない、パーソナルファブリケーションやデジタルプリンティングこそヒントが有るんじゃないかなと思います。

結局はやるか/やらないか

結局みんな可能性は感じているし、参加して楽しいんであれば後はやるだけだと思うんですよね。FabLabを設立するってことでなくても、そのネットワークに参加してみて、なにか作ってみる。仕事につながるのであれば、きちんと会社にも話をして話しを通すくらいの心意気が必要だと思います。

FabLabに行ってみる。

そして感じてみる。そしてそこから生まれる「楽しそうな種」をどれだけ集めてどれくらいの確立で花が咲くかをかんがえていくと、すごく楽しい仕事ができるんだろうなと思っています。(というように確信しています)

だから日本中の印刷会社がOpenFactoryで技術を隠すんでなく少しOPENにすることでしか生まれない仕事を探してみよう思う一日でした。

作ることは楽しい!自分で作るイヌイットさんのスツールワークショップを開催しました。

茅ヶ崎で本物の家具を作っているイヌイットファニチュアさんと、原宿にOPENするMaker向けの店舗型印刷工場のHappyPrinters原宿のコラボレーションでワークショップをやりました。

無垢の木材家具 inu it furniture | イヌイット ファニチュア

業務用デジタルプリンターが主役のモノづくりショップ HappyPrinters | 東京 原宿 表参道

イヌイットファニチュアさんとの出会い

去年の9月ごろにFabLabKamakuraに行ってきました 。その時に鎌倉のステキなカフェのTerre verte
の湯川さんと話していて、レーザーカッターを使った商品開発をしている家具屋さんのはなしを聞いたのが最初でした。ちょうど自宅のダイニングテーブルを買い換えようという話があったので、素晴らしいテーブルなだと思って色々検討しました。

その後に一緒にHappyPrintersを運営してくれる彩ちゃんが電ドリガールのワークショップに出ていて、その時の布を僕がつくったという経緯も重なりました。

座面から全てオリジナルの初めてのワークショップ

今回は座面から全てオリジナルでつくることにしました。

参加した人は、自分で編んだニットの画像を加工したり、木口版画をデータ化したり、自分でテキスタイルパターンを作ってデータ化したり思い思いのデータを持ち寄りました。

そして今回は椅子の脚にもオリジナルのコラボの印をMimakiさんのUVプリンターで印刷して作っていきました。

使うのは電動ドリルと工具だけ

椅子の材料は全てイヌイットさんの方で作りやすいように下穴が空いていたり、ネジの入る位置がキリ空けしてあったり誰でも簡単に椅子作り体験ができます。

E7D 4825

まずは座面をプリントします。

今回はインテリアでよく使われる合皮(フェイクレザー)をプリントしました。

E7D 4657

合皮はだいたい50センチ角で作っていきます。今回は少し座面の大きいサイズです。

E7D 4864

椅子の足にMimakiさんのUVプリントで印刷します

せっかくなので、椅子の部分にもオリジナルのプリントをしました。

E7D 4831

見える面は完成です。

E7D 4840

1脚は側面にも印刷をかけてみました。どんなふうに見えるのか実験的な意味合いです。

E7D 4856

完成です。

E7D 4863

電動ドリルでガリガリと脚を組み立てる

何気に一番最初に大切だなと持ったのはみんなで何度かねじ回しをしてみることです。いつもこの工程を無視して、いきなり本番に行くとだいたいネジ穴を潰したり、まがってネジが回されてしまうことがありますので、この工程をきちんとやるのがきれいになる秘訣だなと思いました。
E7D 4828

 

E7D 4848

E7D 4852

ウレタンとあわせて座面を作る→実はこれが一番大変

ウレタンも難種類か硬さの違うものを積み重ねています。この積層が座り心地をうみます。

E7D 4851

座面を丸く切ります。

E7D 4870

大きさも変えて回りこませます。 

E7D 4873

ここからはホチキスみたいな仮どめ機のガンタッカーでバチバチ止めていきます

E7D 4869

まずは大きく四方をとめていきます。
E7D 4876

角を寄せて寄せていきます。

E7D 4878

そして細かく引っ張りながら貼っていきます。E7D 4885

やっぱりプロは仕上がりが違います。

E7D 4887

そして座面が完成です。

E7D 4889

座面フェスティバルみたいにイベントを集めます。

E7D 4891

座面と脚をネジ止めします。

E7D 4896

完成です!

色々なタイプの椅子ができました。
E7D 4905

印刷した脚もカコイイです

E7D 4909

家具屋さんがワークショップをやるということ

僕の実家は今の印刷業をする前に家具屋をやっていました。昔家具は一生使うもので、嫁入りの時にはふとんと桐の家具をトラックイッパイに積み込んで家具を持って行っていました。

それが今では二極化していて、IKEAやニトリなどの量産店では安いものも買えるから、僕も含めて大量消費社会の中で効率化を求めすぎている大企業だけが勝ち組として成功していくことが増えていきました。

イヌイットさんのワークショップは家具という買ってしまえば安いパイプ椅子があふれる中で、きちんと丁寧に作った部品から自分だけのオリジナル家具を作る体験ができる数少ないワークショップだと思いました。

消費社会の中で、買う人が「作るたのしさ」を体験できなくなってしまった中で、こういうワークショップや手作りキットがこれからもっと増えるといいなと思います。

E7D 4911

 

無垢の木材家具 inu it furniture | イヌイット ファニチュア

業務用デジタルプリンターが主役のモノづくりショップ HappyPrinters | 東京 原宿 表参道

工作を刺激する!かんたんに組み合わせるだけで電子工作ができるLittleBitsを7歳児にあげてみた

子供の7歳の誕生日。
何をあげようかなと考え始めていたときに、ふとFacebookを見てたらMoMAにいった人がLittleBitsの画像をアップしていて、「これは欲しい」と思って早速買ってみました。(こどもの為に)

こどもの教育とかってあまりこだわっていないのですが、

NewImage

LittleBitsの成り立ちと商品コンセプト

電子部品を専門家だけに独占させてはいけないという考えのもとで2008年に開発されたLittleBitsはレゴブロックのように簡単に組み合わせて遊べる電子ブロックです。

創設者のアヤ・ブデールさんはTEDでも話しているとおり、MITを卒業してからハイテク企業に入ってからもモノづくりの楽しさを忘れられずに、仕事を辞めてLittleBitsを作ったそうです。

What is littleBits? from littleBits on Vimeo.

LittleBitsのブロック

NewImage
LittleBitsは小さい子供にも電子回路の役割が分かりやすいように工夫されています。

  • 青色・・・電源部品
  • ピンク色・・・入力部品
  • 緑色・・・出力系
  • オレンジ色・・・出力系

それぞれは磁石で正しい向きにはめないとはまらないようになっています。

本国のSHOP_http://littlebits.comから買おうと思ったんですが、誕生日に間に合わないといけないので、今回はSWITCHSCIENCEさんで購入しました。

スイッチサイエンス – littleBitsスターターキット v0.3

箱をあけてみる

じつは我慢できずに、誕生日前に開けてしまったことは内緒ですが、箱もしっかりしていてワクワク感を高めてくれます。蓋は磁石がついているので、保管も綺麗にできます。

IMG 8734

中には分かりやすい取説も入っています。英語がわからなくてもイラストで何とかなります。7歳児もなんとなく理解しているようでした。(たぶん)

130513 littlebits 6

青色・・・電源部品

電源は四角い電池です。USBも別売りであります。このスイッチを入れるとONになり赤くひかります。

130513 littlebits 7

ピンク色・・・入力系

  • dimmer・・・調整つまみでひかりの強さを調整したりできます。
  • pulse・・・スピードを調整できます。付属のプラスチックドライバーで回します
  • pressure sensor・・・押す強さで流れを調整できます
  • button・・・一番わかり易いボタンスイッチです

130513 littlebits 5

ピンク色・・・入力系

  • led・・・単純にひかります。強弱は入力で調整できます
  • rgb led・・・RGB三つのネジを回すことで光の三原色で色を作れます。これだけでも楽しいです。
  • vibration motor・・・ぶるぶるふるえます
  • bargraph・・・入力の強さによって5段階でledが付いていきます

他にも光系のものや風が起きる物、今後はサーボモーター、などもラインナップされるようです。

130513 littlebits 4

オレンジ色・・・延長コード

工作するときにBitを離すコードです
130513 littlebits 3

つなげてみよう

寝る前にだしてしまったことを後悔しつつ、渡したときには、

「これなんなの?」状態です。

完全に親の趣味

でもそこはきっと面白さは伝わるはずという思いで突っ走ります。

ざっくりと色の説明を役割を話しましたが、そんなことは子供にはどうでもいいし、そもそも入力や電機などの概念をわからないうちに説明することが無謀でした。

でもなんとなく繋げてみると、光ったり、震えたりするので、ちょっとづつ理解をしていったみたいです。

IMG 8792

最初は電源に出力をそのまま付けてみました。

130513 littlebits 2

もうあとは自由に組み立てて、光らせたりするだけです。

このあたりに来るともう楽しくなってきて、スイッチの意味や入力と出力の順番の大切さが分かってきています。

IMG 8798

そして思っていた以上にledが明るいので、目は気をつけたほうがいいなと思いました。かなりあかるいので、工作の中に入れるときれいそうです。

IMG 8799

コミュニティとアイデアのオープンソース化

LittleBitsはサイト上でアイデアをどんどん公開しています。

商品がやっぱり部品なので、だれかがBitを組み合わせて工作したものが公開できるようになっていて、難易度も設定されているので、最初は簡単そうなものを真似することがいいなと思います。

このページをみているだけでも飽きません。

Projects – littleBits

商品についている取扱説明書にも簡単な例が載っています。
ちょっとづつ作ってみたいと思います。動画もあります。

130513 littlebits 1

Bristle Bot from littleBits on Vimeo.

Back Massager from littleBits on Vimeo.

Flickering Lantern from littleBits on Vimeo.

ファンがつく魅力的なコンテンツとデザイン

日本にも昔から電子ブロックはありました。それでもやっぱり難しく、デザイン的にも取っ付きにくいものでした。LittleBitsは役割を色分けすることで、電子回路の仕組みを明確にして伝えやすいように工夫されています。そして回路が正しい向きでないとはまらないという明確なインターフェイスをもっていて、デザインも洗練されていてカワイイです。

そんな商品だからこそMoMAに展示されたり、他で類似品のない高付加価値商品になっているんだと思います。これが11000円を超えるというのに、うちの奥さんも驚いていましたが、原価自体は低いつくりなので、今後量産されることで価格は抑えられていくんだろうなと思いました。

そしてなにより、インターネットを使ったコミュニティ形成と作ることのオープンソース化というのはこれからも注目のキーワードだろうなと思いました。

甲冑がアツイ!愛知甲冑隊結成1周年に木曽川甲冑隊として参加してきました。

今年の夏、地元一宮市木曽川町で山之内一豊生誕の地で行われた一豊祭りで、木曽川町の甲冑隊が結成されて、会社の近所のおじさんが総隊長で誘われて参加しました。そして今回愛知甲冑隊が結成1年で熱田神宮でのイベントがあったので、会社のみんなで参加してきました。

愛知県一宮の一豊祭りで甲冑を着て練り歩いてみた | 東京ノマド営業所

甲冑を着る

甲冑はひとつづつ箱に入っているので、それぞれ準備していきます。

IMG 1410

紐で結ぶので一人ではできません。二人一組くらいでどんどん着ていきます。

IMG 1414

いろいろな武将隊がそれぞれ思い思いののぼりをつくってきています。木曽川甲冑隊ののぼりはうちの会社でもちろん印刷したんですが、手書きののぼりもかっこいいですね。

IMG 1418

ということで準備完了です。

IMG 1430

一番最大勢力になっていた木曽川甲冑隊の集合写真です。30名を超えています。

IMG 1439

チーム堀江織物は7人で参加しました。印刷機を扱うメーカーの人や前工場長も参加してくれました。

IMG 1437

うちの会社の元工場長もいい顔です。

IMG 1505

今回奉納された特別な甲冑

今回1周年に合わせて特別な甲冑が奉納されました。さすがにオーラが出ている気がします。

IMG 1426

IMG 1427

さぁ勝鬨をあげて練り歩きます

総隊長は愛知県の人は絶対にCMをしっている「何でも貸します近藤産興」の社長です。いやぁ元気ですし、声も素晴らしいです。

IMG 1459

IMG 1462

東浦のてづくり甲冑隊の女性もすごく楽しそうでした。

IMG 1468

IMG 1475

この赤い兜はすごく綺麗です。

IMG 1477

IMG 1479

ここから先は神聖な場所なので、携帯などは厳重に管理されます。
IMG 1480

みんなが参拝している奥のところまでみんなで入りました。
IMG 1485

建物も4年くらい前に建てなおされているので、とてもキレイです。
IMG 1486

IMG 1513

甲冑コレクション

プラスティック加工をしている会社の甲冑隊は総プラスティック製でした
IMG 1490

全身金色の甲冑も眩しいです。

IMG 1487

IMG 1491

IMG 1492

IMG 1493

大きな角がかっこよすぎです。

IMG 1499

軽めでも兜がオサレです。

IMG 1498

色使いきれいだなぁ。

IMG 1500

直江兼続モデルも。

IMG 1501

アルミ製の手作り兜は兜だけで三ヶ月以上かかっているようです。アルミをたたき出して、漆入の顔料を厚塗りする地道な作業のようです。

IMG 1502

手作りっていいな

相変わらずみんなお互いの甲冑を褒めたり自慢したりしていて面白いなと思いました。プラスティック加工の会社は自分の技術でつくったり、こういうMakeもいいですね。