カテゴリー別アーカイブ: Media

アナログとデジタルをつなぐSV600 #ScanSnap Ambassador になりました。

PFUさんの ScanSnap が好きすぎて、普段も持ち歩いたり名刺や書類をやたらスキャンし、図鑑のような仕入れカタログをスキャンして持ち歩いていたら、ScanSnap Ambassador に選んでもらえました。 その発表も兼ねて、タッチ&トライミーティングに参加してきました。

NewImage

ScanSnap SV600 Touch & Try Meeting

ScanSnapは昨年100万台売れたそうです。商品としてもきちんとした価格でこれだけ安定しているってすごいなと思います。 ドキュメントスキャナという一見ニッチそうに見える分野ですが、身の回りにあふれる紙の束や書類をデジタル化できるのはまさにスキャンスナップがあるからなんだろうなと思います。

同じことは複合機でもカメラでもスマホでも代用はできるのに、これだけ売れるというのは、やっぱりできることと続けることは違うということだと思います。

一つ手順が増えるだけで、一回だけスキャンするなら我慢できても、絶対に続かない。

ScanSnapマネージャーの設定は面倒だけど、これを最初にきちんとやればそれから先は本当に簡単だから、複雑にするものよりシンプルで継続できる様にできるのがScanSnapのいいところだと思っています。

130702 scansnap touchandtry 22

文具王といしたにさんのトークセッション

文具王といしたにさんの濃くて自由なセッションが始まりました。

130702 scansnap touchandtry

  • 文具王)これがないとデジタル化できなかったものがデジタル化できる
  • 文具王)メーカーもおもいつかない使い方がでてきそう
  • 文具王)このスキャナはいろいろな場所に持ち運ばれる事がありそう
  • 文具王)このスキャンで電子書籍化することについて苦言しているひとはきっと自炊していない。これで自炊すると気が遠くなる
  • いしたに)旅行に行ったときにチケットの半券とか貼った物をそのまま保存できる
  • いしたに)スキャナって真面目な商品だったけど、これは初めての遊べるスキャナー
  • いしたに)文字じゃない領域に踏み込んだ全く新しい商品になっている
  • いしたに)ドラえもんみたいなネーミング付けて新しい分野を開いてほしい
  •   

  • いしたに)活版印刷が出たときに家具業界にも革命が起きた。このスキャナも思わぬところに可能性がある
  • いしたに)ヒューマンエラーが発生しにくいスキャナ

SV600をさわる

「非接触っていってもカメラでとればいいよね」っていわれることがおおいですが、SV600はライン型センサーで呼んでいるので、従来のオーバーヘッドスキャナーと違うところです。僕ものぼり旗とか同じものを作りたいと言われたときに、現物の写真を撮ったりするんですが、仕上がりが全く違います。 前回PFUさんでも触らせてもらったんですが、今日はゆっくり試せました。

「非破壊自炊」できるスキャナScanSnap SV600を触ってきました 実機レポや動画など | ごりゅご.com

130702 scansnap touchandtry  1

130702 scansnap touchandtry  2

使いたい用途を考えた

毎月本当に嫌になる領収書の糊貼り

領収書をのりではって入力するのが面倒です。S1100とかでぼちぼちやるんですが、圧倒的にSV600の方がよさそうです。認識率も高いです。これをEVERNOTEにいれて入力代行してもらいたいです。

130702 scansnap touchandtry 6

申込用紙と現物画像

お店でよく免許証などのコピーをとったりしますが、受付業務はデータ化の入り口です。使いたい用途はお店でお客さんの書いてもらった申込用紙と対象のものを一度にスキャンしたいと考えています。

今回実験して見たら問題なく認識してくれました。

スキャンした結果はこういうふうにPDF化されるので、このままEVERNOTEにいれて原本は個人情報などもあるので、シュレッダーしてしまおうと思っています。

スキャンしたPDFはこちら

130702 scansnap touchandtry 5  1 130702 scansnap touchandtry 4  1

つかう人によって全く違う使い道になりそうです

この日同じテーブルだった人全てが全く違う使い方を想定していました。
それぞれの人が自分の残したいものを文章だけでなくデジタル化できるのがこのスキャナのいいところだと思います。

 

ScanSnapアンバサダープログラム

アンバサダープログラムが発表されました。 製造業でノマド営業所としてScanSnapが大好きということで、ノマドアンバサダーという事になりました。他にも、EVERNOTEのアンバサダーの人が6人いたり、ずっとブログをみていた塩澤さんとかもいてそうそうたるメンバーです。

イメージスキャナ | ScanSnap アンバサダー プログラム | PFU
130702 scansnap touchandtry 3  3

goryugoもいたので、安定の断裁機でポーズもとっていました。いよいよ愛知県一宮市木曽川町をEVERNOTEとスキャンスナップの町にする計画もすすんでいきます。

130702 scansnap touchandtry 2  3

 

うれしかった記念撮影

九州から、Evernoteのパパアンバサダーの宮原さんがきて初めてお会いできたので、一緒に写真をとってもらいました。カメラマンはなんとその場所にいてくれた塩澤さんでした。豪華すぎて鼻血が出そうでした。

IMG 9130

130702 scansnap touchandtry 4

EVERNOTEの「仕事効率化アンバサダー」に就任致しました。

3月5日に行われた「Evernote 日本語版 3周年 User Meetup」に参加しました。

東京で一人営業所をはじめた時に「東京ノマド営業所」としてノマドスタイルの営業をはじめたときに一番最初に使い始めたサービスでした。その後日本語化されるのですが、自分のノマド営業所歴とEVERNOTE歴が同じというのは個人的にとても感慨深いなと思っています。

3shunen1

EVERNOTEアンバサダーに就任致しました

その3周年にあたりまして、日本で8人のアンバサダーの一人として「仕事効率化アンバサダー」に就任することになりました。

20130306 3周年記念イベント public pdf 32 43ページ

今回、Evernoteアンバサダーとなった方はそれぞれ自分の専門分野のアンバサダーとして肩書きが付いています。

上段左から
伊澤諒太(@SHUKATSU_witter):キャリア教育アンバサダー・・・しゅうかついったー
いしたにまさき(@masakiishitani):ブログ/バッグ アンバサダー・・・みたいもん
石原さくら(@sakuraquiet):写真アンバサダー・・・Sakuraquiet.me
コグレマサト(@kogure):ブログアンバサダー・・・ネタフル

下段左から

五藤隆介(@goryugo):ペーパーレスアンバサダー・・・ごりゅご.com
堀江賢司(@kenji904):仕事効率化アンバサダー・・・東京ノマド営業所
堀正岳(@mehori):ライフスタイルアンバサダー・・・lifehacking.jp
宮原礼智(@sexy_papa):パパアンバサダー・・・シングルパパの育児と絵本とクラウドと

EVERNOTEアンバサダーって

EVERNOTEのCEOのフィル・リービンも日経ビジネスの記事で常にユーザーの会話を聞ける環境を作ると語っている通り、アンバサダーブログラムはユーザーとの適度な距離感を持ちつつ100年続く企業を目指すための行動のひとつだと思います。

アンバサダーの自分なりの役割は、これから試行錯誤していかないとわからないところもあるのですが、個人的な理解としては、エバーノートの素敵なところを、ちょっと離れた第三者の視点からユーザーとの中間にたって情報発信をしたり、その逆でEVERNOTEに対してもユーザーの声を届けるお手伝いをする事なんじゃないかなと思っています。

みたいもんのいしたにさんもブログの就任記事の中で

Evernoteの宣伝に専念することだけが、アンバサダーの役割とは思いません。
Evernoteがユーザーの不利益になるようなことをした場合には、ユーザー代表としてモノ申すことも、アンバサダーの役割だと思います。
アンバサダーはユーザーからのフィードバックをEvernoteに伝える立派な圧力団体になります

と書いている通りサービスについていろいろな人が思っている事をきちんと的確に伝える事ができて、より良いサービスで使いやすいものになっていけるお手伝いができるといいなと思っています。

ちなみにアメリカに30人くらい。世界で60人くらいいるみたいです。
Learn from Evernote Ambassadors and fellow users | Evernote

ノマドスタイルで営業するのに必須のツール「EVERNOTE」

EVERNOTEを見返してみると、最初のノートは2009年の4月でした。新幹線に乗るときの無線LANの使い方をまとめていました。まだイーモバイルを使っていないときに、出張時のネット回線で使ったなと鮮明に思い出しました。

前職の広告代理店を辞めて2010年1月にのぼりや横断幕などの布の印刷業に転職したときに、東京で一人営業所をしようと決めたときに事務所を借りるのを辞めて、ノマドスタイルで営業をしようと思って探したのがEVERNOTEでした。

製造業の営業というレガシーな業界の中のアナログな職種で、注文もFAX受注がメインだったり指示書も全て紙でまわる様な中で、アナログとデジタルをつなぎ、自由に引き出すことができるサービスがEVERNOTEしか見当たりませんでした。

今でも一番多いノートブックはFAX受信箱だったり、名刺入れだったり、ScanSnapでスキャンした営業資料だったりします。営業日報としてもFoursquareとtwitterを連携したものが全て格納されています。

仕事効率化アンバサダーとして

今回「仕事効率化アンバサダー」という事で具体的に何をしようかな?っていうのはこれから考えようと思っています。

20130306 3周年記念イベント public pdf 38 43ページ

このメンバーのなかで選ばれた理由はやはり製造業であり、営業であるということだと思います。

EVERNOTEはなんでも自由に出来すぎてしまうため、使い始めてもなにに使っていいか全くわからないし、メリットがわからないと言う人が周りにいっぱいいます。

でもEVERNOTEって実は、「今不便だな思っているなにか」をすごく便利にしたりできるツールなんだというのがわかれば使うハードルがグッと低くなるんだと思います。

  • 名刺がグチャグチャなんだけど楽にできないの?
  • 経費精算を楽にする方法ないの?
  • 毎日朝礼で話す内容を思いついたときにメモ簡単にできないの?
  • 仕事のアイデアとか忘れちゃうんだけど?
  • 会社にいなくても資料やFAXってみれないの?

この話は実際に友達やお客さんから相談された内容です。これも全部簡単にできるのがEVERNOTEなんですよね。だからいろいろな人が少しでも仕事が楽になったり、ちょっとづつ便利になって、自由を手に入れるためのコツとかを伝えられたらいいなと思います。

ワークショップとか情報交換会とかやります

普段は小田急線の経堂駅にあるPAX Coworking
を営業拠点として使っています。EVERNOTEと同じくらい僕がノマド営業所として活動するために大切なのがコワーキングスペースです。

日々仕事しながらみんなで新しいWEBサービスやガジェットについても雑談しながら情報交換しています。一日1000円でドロップインも可能ですので、ふらっと顔を出してみてください。

定期的にEVERNOTEの情報交換会として仕事にクラウドをどう使っているかをお互いはなすような活動も今まではこっそり行っていたのですが、告知していこうかなと思いますので、お時間あるときにふらっと参加してみてくださいね。

といっても参加者の人も自分なりの使い方は他の人の役に立つことが多く、僕よりも詳しい人も多いので、是非皆さんの使い方も教えてください。

IMG 8134

他に就任された方のブログです。

[N] Evernoteアンバサダー「ブログ」就任しました!

[mi]みたいもん!
  …

Evernoteアンバサダー「ライフスタイル」に就任しました! | Lifehacking.jp

日経MJのpinterest特集に掲載してもらいました。

pinterestの特集で日経MJの中村さんに取材してもらって、最終面のトレンドページに掲載してもらいました!

ISHINOMAKI  7

pinterest(ピンタレスト)とは

ピンタレストは個人のスクラップブックの本棚(People)を作れて、その本棚の中にカテゴリー分けしたスクラップブック(Board)を作れて、そのなかにいろいろな写真を集めていくことができるサービスです。

今までは、のぼり画像を集めたTumblrを作ったり、会社で使う画像をFlickrにまとめたり、Facebookページのアルバムに入れたりしていましたが、お客さんに伝えるときにすべてのサービスがいまいち伝えづらくて、微妙でした。

そこで、たどり着いたのがピンタレストでした。

なぜピンタレストを使うのか

ピンタレストにいろいろな画像を放りこんでいけば、いつでもお客さんが参考にしたい画像を見つけることができるかなと思っています。そして会社のページの保管として工場の画像や動画などいろいろ参考になりそうな画像を貯めておくこと思いつき、pinしたり自分のアイデアをfacebookに投稿したりしていたら、pinterestの特集をしようと思っていた中村さんから声をかけてもらいました。

取材場所もお客さんのオフィス内を借りて作業しているので、そこの会社の商談室を使わせてもらいました。

最近は、自分の中で提案したいものは言われた時に作るのではなく、不完全な状態でもアイデアとして出し惜しみなく提案することって意義があるのではないかと思っています。その不完全でも可能性のあるアイデアを誰かがみて、そこから実現可能なアイデアが出てくるんじゃないかと思っています。

他の会社が真似するかもしれない。などと考えるより、うちの規模の会社であれば、もっと積極的に情報を発信することで生まれるメリットのほうが多いような気がしているこの頃です。

日経MJにのって感じたこと

日経MJは流通系の情報が満載なので、前職で流通系の販売促進の仕事をしているので、お客さんも仲間もみんな読んでいるので、かなりの人がみているのは実感しました。

そして朝6時にはtwitterで掲載を教えてもらったり、facebookでタグ付けしてもらったり、情報収集のアンテナが広く、情報に対するスピード感がすごいです。

そして昔、取引していた部長さんから久しぶりに電話をもらったり、久しぶりに食事のお誘いをもらったりとふとしたきっかけで連絡をとれたのが一番嬉しかったことかもしれません。

NHKサキどりのコワーキング特集を見て製造業の立場で思ったこと

NHKのサキどりという番組でPAXCOWORKINGが取り上げられて、製造業がコワーキングしている事例で取り入れてもらいました。
作っているものを見せてくださいと言われても、出せないデザインも多いので、自社のサンプルを見せたら、宣伝みたいになっていまいました(笑)

Coworking NHKサキドリ111106  YouTube

続きを読む

週刊ダイヤモンド「2010年ツイッタ―の旅」のったー

週刊ダイヤモンドの1月23日号にちいさーーーく乗りました。

個人的にやってたtwitterで、週刊ダイヤモンドの特集にアイコンを載せたい人の募集がありました。

せっかくなので、かるーく呟いてみたところ、のってました。

今日はお昼前に東京から愛知県にもどっている途中に自分なりに表紙を探し、中面については結構数が多いので、あきらめつつ、仕事をしていました。

そしたら、オンデマンド印刷をしている502がやってきて、
ものの数秒で見つけました。
(自分の10分間は何だったのだろう。。。。。)

だから何だということもありますが、、、
なんかちょっと嬉しい。

R0010903

R0010905