タグ別アーカイブ: Evernote

【CamiAppSレビュー】手書きノートがテキスト認識でアナログとデジタルの壁を超えて超便利

手書きノートをテキスト認識してEvernoteに一番簡単に取り込めるコクヨさんのCamiAppSがついに発売されました。
いままでのカメラで撮影するCamiAppやメモをそのままScanSnapでスキャンする。タブレットにスタイラスで書く。
手書きノートを電子化する方法は今はいっぱいありますが、今の僕の使い方に一番フィットするのは今回のCamiAppSなような気がしています。

E7D 1715 続きを読む

広告

Evernoteは最強の営業ツールになるのか? #EvernoteDays 2014で感じたこととこれから @kenji904

EvernoteDays2014が日本科学未来館で7月11日12日と二日間にわたって開催されました。

その中で、PFUさんの「事例で学ぶ!Evernote と ScanSnap でビジネスを効率化するドキュメント管理とは!?」の中で、PFU 山口さんとNTTドコモ 源河さんと書類の管理とScanSnapとEvernoteの関係についてのセッションと、アンバサダーセッションで「Evernoteを最強の営業ツールに」という内容で福岡のスモールビジネスアンバサダーの川添さんとお話させてもらいました。

展示ブースにもHappyPrintersとして出店させてもらったりとたのしい二日間になりました。

ひとつのWEBサービスのイベントなんですが、記憶や脳についての有料セッションから、連携サービスや商品のブースやセッション、アンバサダーセッションなどEvernoteを起点としたつながりの広さを感じるイベントでした。

NewImage

続きを読む

EVERNOTEのアカウントはもってるけど何ができるかわからずモヤモヤしている人におすすめ。[できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド]

EVERNOTEのアカウントは持ってるけど・・・

EVERNOTEのアカウントは持っているけど、何に使っていいかわからない。
って言われることがすごく多いです。

詳しい人に聞くと、やたらマニアックなことを教えられたりします。(個人的にもその気配があるので気をつけてます。)

自由度の高いサービスなので、本当に人それぞれの使い方があって、100人いれば100人が違う使い方をしているのがEVERNOTEだったりします。
なので最近は趣味や覚えておいて後から思い出したい内容をきいてから「こんな使い方すると便利かも?」って話をすることが増えました。

そんなこんなで今回出たできるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド (できるポケットシリーズ)はEVERNOTEアンバサダーのブロガーなネタフルのコグレさんとみたいもんのいしたにさん。Lifehacking.jpの堀さんの共著ということで、本当にEVERNOTEが好き感が溢れつつ、今までいろんな人にEVERNOTEの使い方を聞かれているであろう三人の本なのでツボがしっかり抑えられています。

できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド
コグレマサト いしたにまさき 堀 正岳 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン

旅行や出張に便利な使い方

ちょうどこの前韓国出張に行ったんですが、その時もパスポートのコピーや旅券などをEVERNOTEにいれました。

昔遠足や修学旅行のときに「旅のしおり」って作った時のワクワク感や、旅行や出張に行った時の面白かったことなどを、今はEvernoteを使えば旅先でもべんりだしアーカイブものこります。オフラインノートブックにしておけばタブレットやスマホで迷わずにすみます。

一度使ってみると嬉しくなると思います。

家庭の情報化は理解を得ながらじっくり取り組もう

この本個人的には、各章のコラムがすごく面白いとおもいます。

それぞれのTipsには書けないような背景や心構え的なものが書いてあります。個人的にはコグレさんが家族間で情報共有するときの失敗談からいかに家庭内でEVERNOTEを浸透させていったかのくだりが興味深いです。会社でも仲間内でもいろいろな人で使っていく時に、みんなの知識差があるとうまく行きません。そんな時には便利だなってのをいかに感じてもらうかにかかっているなと思います。

他のコラムもリアルな体験からうまれたものなので全部おもしろいです。

会議や打ち合わせの音声ノートをやりたいなと

最近どうしても聞き逃したくない話や打ち合わせが続いたので、iRigの外部マイクを買いました。

でもあまり使えてませんでした。音声を使ったノートの使い方もいろいろでていて、ちょっともう一度使ってみようかなとおもってカバンから出しておきました。

そういう意味でも使い慣れて自分なりのやり方が定着してしまった人も、面白い使い方がのっているので、参考になる情報が一杯あると思います。

できるポケットはサイズがバッチリで安いと思います

WEBサービスの本って大きかったり重くて読むのに疲れたり値段がすごく高いのもあったりします。薄いムックでは読んだ感も少ないし。

そういう意味でできるポケットっていい分量だなと思います。
Kindle版もあるのはやっぱり嬉しいですね。
ということでEVERNOTEなに使おうかなってモヤモヤしている人は買っておくといいと思います。

できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド
コグレマサト いしたにまさき 堀 正岳 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン

出張や会議にScanSnapを持ち出すと嬉しい事とその理由

個人的にScanSnapで一番好きなのはScanSnapS1100です。

普段は、東京でノマドな一人営業所をしてるので、だいたい月に一週間から2週間は愛知の本社に出張しています。
東京にいる時も自宅の仕事場は日中にいることはあまりなくだいたいお客さんのオフィスの中で仕事をしているか。コワーキングスペースにいることがおおいので、ほとんど自宅の仕事場以外の場所で仕事をしています。

DSC02154 続きを読む

年賀状をファイルに入れるのが面倒なのでScanSnap+evernoteで家族と仕事の年賀状を整理する

年も開け通常モードで仕事も始まっていると思います。

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom ライブラリ 4

年賀状の整理って本当に面倒だと思います。

結婚したり、子供が生まれたりすると年賀状が増えたり、仕事でいただくことも多くなってきます。 最初は気合を入れてファイリングしたりするのですが、 そもそもファイルを買いに行くのがめんどくさい。 差し込むのがめんどくさい いろいろ面倒なわりにあまり見返さない となっていき、二年前位から次年度に年賀状を出す時にファイリングするという中途半端な状態になってしまいまったので、今年からはScanSnap+Evernoteにすることにしました。 続きを読む

ScanSnap Evernote EditionとiX500どっちを買うと幸せになれるかを考える。文章をローカルに保存しない時代に最適の1台を

Evernote Marketがはじまって「ScanSnap Evernote Edition」が発売されました。
大好きなScanSnapとEvernoteでアンバサダーにしてもらっていて、両方大好きなので使ってみたんですが、この「ScanSnap Evernote Edition」はすごく個性の強い商品なので、一見すると似ている「ScanSnapiX500」とどっちを買うかきちんと考えて選ばないと、すごく驚くだろうなと思うので、ちょっとまとめてみようと思います。 続きを読む

非接触スキャンSV600で巻物をスキャンしてそのデータを印刷してみました。これはおもしろい。

PFUさんから非破壊型のスキャンスナップ SV-600が発売されました。本当にちょうど、仕事で手書きの書類と現物を写真にとって保管しないといけない案件があって、紙はスキャンして、現物は写真をとってその二つのファイルを保管しようかと思って考えていて、どう考えても二つを別々の方法でデータ化してフォルダに入れるのって凄い手間だなと思いながら、社内で話をしていた矢先の発表でした。

ScanSnap SV600 : 富士通

まぁ、野心的で活気的な商品と6万を切る意欲的な価格帯できたので、案の定、”知的財産を大切”にしている専門家の人からもいろんなブログが書かれていたりします。
【速報】ついに出てしまった非破壊型書籍スキャナーScanSnap SV600 知財の専門家だからこそのご意見だなとおもいました。

すごく便利そうなこと

いしたにさんのレビュー記事が僕の中で一番グッと来ました。<p
非破壊スキャナーScansnapSV600は、むしろ本や雑誌の購買を広げるスキャナーになるはずだ:[mi]みたいもん!

私がSV600のデモを見て、わくわくしたのは、そんなことじゃなくて、このスキャナーは、相当遊べそうだぞ!ということです。
たとえば、立体物のスキャンです。そんなもの、デジカメで撮っておけよ!という意見もありそうですが、1枚撮るなら、それでいいんです。
問題は、同じものを同じ角度での撮影です。これをやろうとすると、デジカメは一気に三脚とか必要になって面倒になります。

そうなんです。これ非破壊というより、非接触という事を考えると身の回りのものでも色々思いつきます。また本業で「のぼり旗」や「横断幕」の印刷をしているので、

  • 現物の旗からデザインを書き起こすとき
  • 領収書などを貼って厚みの出ている書類
  • 子供のやたらクレヨンがべったりなお絵かき

などなどが考えられます。とくにデザイン書き起こしの時は今までのスキャンだと厳しい物が増えてきました。

巻物をスキャンして印刷してみた。

PFUさんからイベントに呼ばれていて、発表されたSV600がおいてありました。
ちょうどその時に現地の目黒雅叙園でお客さんと商談していまして、掛け軸を布で作りたいという話をきいていました。

個人的にはデータをもらえるものだと思っていたら、本物の巻物でした。

これは困ったと悩んでいるとPFUさんが見かねてSV600でスキャンしてみますか?と言ってくれたので、ここぞとばかりにお願いしてみました。もちろんPFUさんも巻物は初めての体験だったようです。

その時の様子はgoryugoのブログにも映っています。
「非破壊自炊」できるスキャナScanSnap SV600を触ってきました 実機レポや動画など | ごりゅご.com

スキャンしたものをPhotoShopで加工して印刷しました

ということでスキャンしたものをPhotoshopで合成してもらってデータを貰いました。かすれ部分も綺麗に表現されていました。シワ感や歪みもなくバッチリでした。

R0077356

筆独特のかすれは少しシャープさはかけますが、見ている分には遜色全くありませんでした。

これだけ歪みが補正されていれば、簡単な用途のベースだけでなく、本番に使う印刷データとしても使えそうです。
R0077357

ということで、世界遺産探検家のみちるさんに無事納品しました。

R0077359

子供の絵はどうしてもスキャンしたい

と仕事用途も考えたりするんですが、なかなか捨てられない子供の絵は我が家ではスキャンして捨てています。きちんと書いた物だけ現物を残しますが、ほとんどは走り書きだったりしますが、なんとなく捨てられないんですよね。

なので、色鉛筆系はスキャンスナップしてEVERNOTEに入れています。
Evernote

最近はS1100がストレートタイプなので、厚手で長尺のものも写真じゃなくてスキャンし始めました。でもやっぱりクレヨンがべったりなので、ローラーに付いちゃうんですよね。そんなのが一気に解決できるんなら買ってしまいたいななんて思うこの頃です。

IMG 8835

イノベーションに遭遇したときはネガティブな方よりよくなる将来を考えたほうがワクワクする

今回の商品は顕著だったんですが、なにかイノベーションが起こりそうなときに、抵抗したり、懸念を示したりする人がやっぱりおおいんだなとおもいました。

たとえば自分がそのイノベーションを止められるような権力の持ち主であれば別ですが、これだけ情報伝達が早くなると、これからもどんどん新しいものや価値観が出てくるのは必然です。

自戒も込めて考えると、イノベーションで破壊されるものを懸念する時間があるなら、イノベーションと仲良くなってワクワクする物を探して動いたほうがよっぽど自分や仕事のためにプラスになるんじゃないかなと思いました。